50代向けの基礎化粧品|いつまでも美しくいたいあなたへ

女の人

老化を遅らせるケアのコツ

メイク

保湿重視のエイジングケア

閉経に伴って、50代女性の肌は著しく老化が進みやすくなり、しわはより一層深くなりますし、たるみやシミも進行しやすくなります。しかし、現在の化粧品の技術はかなり進んできていますから、しっかりとお手入れに取り組むのがおすすめです。女性ホルモンの減少が著しい50代からは、肌の乾燥もさらに進みやすくなります。乾燥はシミやしわ、たるみの原因となりますから、高保湿な化粧品でのエイジングケアがおすすめです。コラーゲンやセラミドなどの保湿物質が減少してしまって、肌の潤いを保つ機能は20代の頃の半分以下になっています。そのため肌が乾燥しやすくなりますから、水分保持力を高める成分が配合された化粧品でしっかり保湿しましょう。

肌に必要なものを与える

加齢によって減少するコラーゲンは、50代にもなるとかなり少なくなってしまいます。自らの肌がコラーゲンを作り出す機能が低下してしまいますから、しわやたるみなどの肌老化が起きてしまいます。これを改善するには、有効成分が配合された化粧品の力を借りるのがおすすめです。コラーゲンを増やす作用のある成分というのがありますから、それを補ってあげると良いでしょう。定番であるビタミンC誘導体やレチノールなどがおすすめです。また、50代の肌はバリア機能も低下していますから、刺激に弱く敏感になっています。普通の化粧品では肌に刺激を感じる場合がありますから、しっかりと成分をチェックして使うのが良いでしょう。無添加タイプでアルコールや香料、着色料などが含まれていないものがおすすめです。